地獄のカレーパンで有名な喫茶店「珈琲文明」/白楽/サイフォンコーヒーと落ち着いた雰囲気が最高!

先日、カフェライターの川口葉子さんがインスタでUPしていた喫茶店で気になったお店があったので行ってきました。

神奈川県の白楽にある珈琲文明です。

白楽にある珈琲文明は、地獄のカレーパンという激辛カレーパンで有名になっている喫茶店で、あまりの辛さで悶絶するとかしないとか。

そのような、地獄のカレーパンが名物の白楽にある珈琲文明について、今回はご紹介したいと思います。

お店のレポート

珈琲文明は、東急東横線の白楽駅を出たところにある商店街の中にお店を構えています。

この商店街がとてのレトロで味があって、個人的に凄い好きなテイストの商店街でした。

地元のお爺ちゃん、お婆ちゃんがたくさんいらっしゃって、昔からの憩いの場になっているんだなと思いました。

お店に到着!

素敵な看板がお出迎え!!

入口ですが、木目調で少し昔を思わせる洋館という印象を受けました。

昭和の喫茶店と連想させます。

外にメニューが出ていたので見てみました。

写真が小さいので分かりにくいのですが、右側の真ん中辺りに地獄のカレーパンについても載っていました。

刺激が強いため生半可な覚悟の方はご遠慮願います。
完食した方はエンマ台帳に記名&コメント願います。

このように記述がされていました。

相当辛いんだろうな!というのが、ここからも伺うことができます。

コーヒーは、ブレンドコーヒーとストレートコーヒーがそれぞれ数種類。

コーヒー豆は、長野に本店のある丸山珈琲を使用しているそうです。

店内に入ってみると、上の写真のような感じです。

カウンター席をメインに、テーブル席も数組。

2階にも席があり、広々した空間が広がっていました。

音楽はジャズが流れていて、落ち着いてコーヒーを味わえる空間が広がっていました。

カウンターの上には、サイフォンがたくさん並んでいるのが圧巻で、コーヒー好きには堪らない光景です。

今回注文したのは、ハウスブレンドの文明ブレンドと文明カレーパンです。

私は辛いのが苦手なので、地獄のカレーパンに興味はあったのですが今回は断念させていただきました。

期待していた方、申し訳ありません。。

コーヒーはサイフォンに入ったまま提供され、自分でカップに注ぐスタイルです。

コーヒーの味ですが、恐らくやや中煎りくらいの焙煎具合だと思うのですが、比較的すっきりしていて飲みやすい印象でした。

カレーパンと合わせるのであれば、もう少し苦味やコクのあるコーヒーの種類を選んでも良いかなという感じを受けました。

次回、訪れた時にはそうしてみたいと思います。

カレーパンですが、蓋を開けるとたっぷりカレーが詰まっていて、スプーンである程度すくってカレーを食べてからパンを食べるという感じでした。

文明カレーパンは辛さはあまり無く、辛いのが苦手な私としてはとても食べやすかったです。

最後に

ここまで、白楽の喫茶店”珈琲文明”についてご紹介させていただきました。

いかがでしたか?

白楽駅で降りるのが今回初めてだったのですが、どこか懐かしい雰囲気のある街で、その街に珈琲文明というお店の雰囲気がうまくフィットしている感じがありました。

今回写真を撮ってこなかったのですが、色々な番組などでも取り上げられているようで、多くの芸能人の方も来店したことのあるお店のようです。

横浜からも白楽は近いので、ぜひお店に行かれたことの無い方は、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

SHOP DATA

住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-9-2

TEL:045-432-4185

営業時間:12:00~20:00
※定休日:水曜日、第三火曜日

URL: http://www.coffeebunmei.com/

和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × three =

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!