CAFERES JAPAN 2018(カフェレスジャパン)を見学してきたというお話し。

6/13~6/15に東京ビッグサイトで開催されたCAFERES JAPAN 2018(カフェレスジャパン)

CAFERES JAPANは毎年見に行っているのですが、今年も情報収集のために見学に行ってきました。

ちなみにCAFERES JAPANという催事は、カフェ・喫茶店・コーヒービジネスに関する製品・サービスが一堂に集まる専門展です。

一般的には、カフェや喫茶に携わる方がビジネスのための情報収集や商談のために訪れる催事になるため、それ以外の業界の方が訪れるようなイベントではありません。

ですが、CAFERES JAPANでは毎年バリスタの大会も会場内で開催されているため、例えば大会を観戦したい一般の方でも入場することが可能です。

カフェ関係の学校に通っている学生さんも、今回多く来場している姿が見られました。

入場するためには、一般的には招待状を持っているか、事前に来場者登録をしておくと無料で入場出来る場合が多いです。

その際には、基本的には名刺を持参していることが条件です。
※名刺が無くでも大丈夫な場合もあります。

私は今回、名刺を持っていくのを忘れてしまったので、入場料を3000円支払って一般来場者として見させていただきました!

このような展示会は、CAFERES JAPAN以外にも定期的に様々な場所で開催していますので、興味のある方は専用のホームページをチェックしてみるのが一番だと思います。

ちなみに、CAFERES JAPAN 2018のホームページはコチラになりますので、どのような催事だったのか興味のある方はご覧になってみてください。

 

会場に入ると写真のような感じで、本当にたくさんの企業さんがブースを出しています!

カフェ業界にいる私としては、この光景を見るだけでとても楽しい気持ちになりますね。

CAFERES JAPANでは、今回ピザやパスタ関連の展示や様々なお茶関連の企業も一緒にたくさん出店をされていました。

とにかく、食にまつわる色々な情報をCAFERES JAPANでは収集することが出来る訳です。

では、ここから写真を何枚か撮ってきましたのでご紹介したいと思います。

 

こちらは、ALLPRESS ESPRESSOさんのブース。

 

こちらは、IKI ESPRESSOさんのブース。

 

こちらは、ROSTRO JAPANさんのブース。

 

こちらは、ORIGAMI CUPさんのブース。

ORIGAMI CUPさんは、以前お仕事でお世話になったブースでもあります!

 

こちらは、SUNTORYさんのブース。

試飲でいただいたすだちソーダが凄い美味しかったです!!

 

こちらは、Slayer Espressoのブースで、京都の%Arabicaのバリスタさんにカフェラテを淹れていただきました。

展示会では、様々なブースで無料でコーヒーなどの試飲をいただけるのも醍醐味の1つ!!

 

こちらは、ラッキーコーヒーマシンのブースです。

TRUNK COFFEEのオーナーである鈴木バリスタがデモンストレーションをされていました。

展示会では、業界で有名な方が色々なブースでデモをしている様子を見かけることが出来ます。

なかなかお会い出来ない方と直接お話し出来る貴重な場でもあると思います。

 

こちらは、HARIOのブースで、コーヒーを世界チャンピオンの粕谷バリスタが淹れてらっしゃいました。

 

このような日本茶や紅茶関連のブースもたくさん出店されていました。

 

私の地元である埼玉県狭山市の名産でもある狭山茶のブースもあって嬉しかったです!

 

という訳で、もっとご紹介したいのは山々なのですが、今回はこれくらいで失礼いたします。

CAFERES JAPANには上記でご紹介した以外にもたくさんのブースがあって、本当に見所満載の催事でした!

今年は、いつもよりもコーヒー関連のブースが多かったような印象を受け、それに伴い著名なバリスタさんが多くブースにいらっしゃったので、直接お話し出来る機会が多くて、業界の人間としては非常に楽しかったです。

最初にも書かせていただきましたが、一般の方でもだいたいの場合は来場出来ますので、もし業界の方では無いけれどカフェ関連の情報を仕入れたい方は、ぜひ機会がありましたら催事に行ってみてはいかがでしょうか?

その際は、その催事のホームページをしっかりご確認いただければと思います。
※あくまで、催事の趣旨はビジネスのためであるので。

バリスタぎっさんこと 柳 隆晴の自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください