TwitterとInstagramの連携。写真をツイッターに表示させる方法!

突然ですが、皆さんはTwitterInstagramを連携させて投稿をしていますか?

もし、TwitterとInstagramを普段から両方利用している方だったら、連携させていた方が投稿が楽になりますし、Twitterで自分のInstagramアカウントを宣伝することも出来るので、連携させることのメリットは色々あると思います。

特に、TwitterやInstagramをビジネスなどで利用されている方だったらなおさらです。

今回は、TwitterとInstagramの連携の一番基本的な方法。

そして、ちょっとした応用方法までご紹介したいと思います。

基本的な方法

TwitterとInstagramの一番基本的な連携方法ですが、Instagramの画面内で設定を行います

まずは、自分のプロフィール画面の上にある歯車の部分を選択します。

 

選択すると上の写真のような画面になりますので、リンク済みアカウントを選択します。

 

選択すると、上の写真のような画面が出てきます。

ここで、Twitterを選択します。

※今回は設定が終わっているので連携されているTwitterアカウントが表示されていますが、設定されていない場合は非表示です。

Twitterを選択するとTwitterのログイン画面になりますので、TwitterのIDとパスワードを入力すると連携完了です!

 

では、早速Instagramで投稿してみましょう!

上の写真のように、投稿画面を出したら、投稿する前にTwitterの部分をONにしてください。

今回は、文章に”テスト”と入力して投稿することにします。

 

投稿するとどのように表示されるのかというと、確かにテストの文字は投稿されていて連携はしっかり出来ています!

ですが、残念ながら写真の表示がされていません

InstagramのURLのみ表示されている状態です。

これですと、Twitter上ではどんな投稿をされているのか分かりませんし、何よりInstagramは写真がメインのSNSなので、写真が表示されていないのは致命的です。

文字とURLのツイートがたくさん自分のフィードに表示されていたら、見た目であまり良い印象は与えません。

確かにこの方法ですと連携は簡単に出来ますが、あまり良い方法ではないかもしれません。

ちなみに、上の写真のような投稿の仕方をしている方はよく見かけます!

ですので、心当たりのある方は、ぜひ以下で説明する方法を参考にしてみていただけると良いかもしれません。

写真を表示する連携方法

では、ここからTwitterとInstagramを連携させた時に、自動的に写真を表示させる方法について紹介します。

今回は、IFTTTというアプリを使った設定方法になります。

IFTTTを使うためには、まずはユーザー登録をする必要がありますので設定を行ってください。

※FacebookアカウントやGoogleアカウントを使って登録することも出来ます。

 

登録完了したら、上の写真のサーチを選択して、上の検索部分に「Twitter Instagram」と入力してください。

 

検索すると、色々なレシピが表示されます。

私はこの中でも、Tweet your Instagrams as native photos on Twitter を使って、TwitterとInstagramを連携させています。

もし、私と同じものを使うのであれば、上の写真のようにTurn onしてください。

※上記のリンクから、上の写真の画面に進むことが出来ます。

 

Turn onすると、上の写真のように、InstagramとTwitterのログイン画面が出てきます。

それぞれ、IDとパスワードを入力して、IFTTTが使えるようにしてください。

 

無事に連携が完了したら、先程と同様の投稿をしてみましょう!

すると、先程は写真が表示されていませんでしたが、今回は自動的にInstagramで投稿した写真がTwitterでも表示されていました。

写真が無くてURLだけしかないものと、しっかり写真まで投稿されているものでは見た目の印象が全然違います。

何より、Instagramの特性をしっかり活かした上でTwitterと連携が出来ているのが非常にメリットです。

 

ちなみにですが、IFTTTで連携出来ていれば、上のように投稿画面でTwitterをONにする必要はありません

 

もし連携を解除したい方は、アクティビティからApplet createdを選択してTurn offにすればOKです。

最後に

ここまで、TwitterとInstagramの連携方法について紹介させていただきました。

いかがでしたか?

私は、最近から本格的にTwitterで情報発信をするようになり、Instagramでの投稿内容をTwitterでも発信したい場合は連携をするようにしています。

Twitterは140文字しか投稿出来ないため、Instagramで長文を投稿した時に連携させてしまうと、Twitterで見た時に途中で文章が切れてしまいます。

※URLをクリックすれば、もちろん見ることが出来るのですが。

Twitterのメリットは、短い文章で内容のあるものを発信することだと個人的には思っています。

ですので、InstagramとTwitterもし連携されるのであれば、そういう部分も意識した方が良いかもしれません。

連携することのメリットももちろんありますので、上手に使い分けることが大切!というのが私の考えです。

和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!