石谷貴之バリスタから学んだこと!JBC終えて。。

東京ビックサイトで開催されているSCAJというコーヒーの最大級のイベント内で、JBC(ジャパンバリスタチャンピオンシップ)という大会が開催されました。

JBCには、全国から技術、知識に長けたバリスタさんが参加され、優勝者は来年6月にオランダで開催される世界大会に出場することになっています。

そのようなバリスタの最高峰の大会JBCに、過去12年挑んでいる日本のトップバリスタさんがいらっしゃいます。

石谷貴之バリスタです!

石谷貴之バリスタは私が尊敬するバリスタさんの1人で、現在はフリーランスとしてイベントやセミナー活動、あとは代官山や大阪などにあるSATURDAYS SURF NYC内のコーヒースタンドで勤務されています。

何故、私が石谷貴之バリスタを尊敬しているかと言いますと、技術や知識、人柄はもちろんですが、フリーランスという肩書きで日本のトップバリスタとして活躍をしている点です。

日本の従来のバリスタさんは、一般的にどこかのお店に雇用され活動をされている方が大半です。

大会に出場する際は、コーヒー豆や機材など、会社の多大なるバックアップを必要としますし、それが無いとなかなか大会で勝ち上がっていくことは難しいのが現状です。

しかし、石谷貴之バリスタはフリーランスという立場のため、所属店舗が無く、従来の会社からのサポートいうものが一切ありません。

ですので、自分の力で援助してくれる方を探さないといけませんし、まさにプロスポーツ選手のような形だと思います。

バリスタの世界で、石谷貴之バリスタは個人でトップとして活躍するパイオニア的な存在と言っても過言ではないでしょう!

私も、将来的には、店舗を持たないスタイルで独立したいと考えているため、石谷貴之バリスタは私にとっては理想的な働き方と言えるのです。

 

そのような日本のトップバリスタである石谷貴之バリスタですが、今まで11年間JBCという大会に挑んで一度も優勝したことがありませんでした。

準優勝、3位などは何度かありますが、優勝は一度もなかったのです。

そして、2017年度のJBCで、12度目にしてついに優勝を果たしました!

私は、優勝発表瞬間の時、凄い嬉しかったですし、大会のボランティア活動もしたことがあったので、裏側も見たことがある分、余計に嬉しかったです。

この優勝を見て思ったことが、石谷バリスタもスピーチでおっしゃっていましたが、チャレンジし続けることの大切さ

そして、継続し続けていれば、いつか前進するということです。

日本のトップにいる方がこれだけ努力をされている訳だから、自分なんかは何百倍もやらなきゃダメだと思いました。

継続することってシンプルですが、実は一番難しいことだと思います。

ですが、そのシンプルなことが出来る人が、どんな分野においても活躍出来る条件なのではないでしょうか?!

生きていれば色々壁にぶち当たることもありますが、そんな時は今回の石谷貴之バリスタのことを思い出して頑張っていこうと思います!!

カフェ巡リスト/和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!