会津ミードワイン(AIZU MEAD)の試飲会に行ってきた!そもそもミードって一体何??

福島県の喜多方市にある峰の雪酒造場さんが作っている会津ミードワイン(AIZU MEAD)の試飲会に参加してきました。

実は、今回の会津ミードワイン(AIZU MEAD)の試飲会に参加した経緯にはとても面白い出逢いがあります。

たまたま、駒込にある百塔珈琲 Shimofuriさんでミードラテなる商品を見かけた時に、とても気になって注文してあまりにも美味しかったので、Instagramでそのことを投稿したのです。

 

そうしたら、会津ミードのInstagramのアカウントから試飲会のお誘いのダイレクトメッセージをいただき参加に至ったという経緯です。

個人的にはこういう面白い出逢いはとても大切にしているので、特に怪しむことなく参加させていただきました笑

さて、ここまで「ミード」「ミード」と書いてきましたが、一体ミードって何のことか知っている方ってどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

少なくとも、自分は最近までミードという言葉を聞いたことがありませんでした。

★ミードとは

蜂蜜を原料とする醸造酒のこと。
ワインなどよりも古く1万年以上前からあったとされる人類最古の酒です。
ギリシャ神話でワインの神様として有名なバッカスは、実はミードの神様とも言われています。
引用:wikipedia

 

さて、試飲会では会津ミードワイン以外にも、日本のご当地フルーツワインが10種類以上準備してあって、色々と飲み比べをさせていただきました!

なかなかこのような機会はないので、非常に貴重な体験をさせていただきました。

中でも、個人的に印象に残ったものをいくつかご紹介したいと思います。

 

■会津ミード(峰の雪酒造)

まずは、もちろんこれ!!

自分が、今回の会に参加するキッカケになった会津ミードです。

はちみつの優しい甘さが何とも言えない美味しさで、原液で飲むのはもちろんのこと、お菓子で使ったり、ソーダなどで割ったりと、非常に多様性のある飲み物だと思いました。

ミードラテは、個人的にもぜひ作ってみたいと思います。

 

■黄蘗-きはだ(丹波ワイン)

氷結果汁を醸した甘めのデザートワインで、最初甘さが少し重いかなと思ったのですが、飲んでいくうちにこの甘さがどんどんクセになっていって、飲むのが止まらなくなってしまいました。

例えるなら、黒糖のような甘さで、とても優しい甘さですね!!

 

■いちじくスパークリング(愛知)

個人的にいちじくが好きなので、これば大ヒット!!

絶対に女性は好きな味だと思います。

いちじくのしっかりした風味が特徴のスパークリングです。

 

という訳で、ここまで書いて参りましたが、会津ミードの美味しさを再確認することが出来たのと、ここで紹介出来なかったご当地ワインもどれも美味しかったので、日本で作られていて美味しいものって本当にたくさんあるんだなと思いました。

こういう、まだあまり知られていないmade in japanの本当に良いものを、もっとたくさんの方に知ってもらいたいと純粋に思います。

地方から日本が元気になって行けば嬉しいですね!!

カフェ巡リスト/和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − three =

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!