UCCコーヒーマスターズ ラテアート部門に出場してきました!

私事ですが、先日UCCコーヒーマスターズというコーヒーの大会(関東地区予選)の「ラテアート部門」に出場させていただきました。

UCCと言えば、言わずと知れたコーヒーメーカーの日本最大手の会社で、コーヒーにあまり詳しくない方でも一度くらいは会社名は聞いたことがあるかと思います。

UCCコーヒーマスターズは、「サイフォン部門」「ハンドドリップ部門」「エスプレッソ部門」そして、私が今回出場した「ラテアート部門」の4部門があります。

大会は各部門毎に地区予選があり、予選での優勝者と上位入賞者が神戸で開催される全国大会に出場することが出来ます。

ラテアート部門の場合は、優勝者のみが全国大会に出場可能です!

 

結果を先に言いますと、今回のラテアート部門関東地区大会は、ストリーマーコーヒーの柳バリスタが優勝されました!

※同じ「柳」が苗字の全国区のバリスタさんです。

柳バリスタは、コーヒーフェスト東京大会などのラテアートの世界大会にも出場経験のあるバリスタさんで、個人的にもとても凄いな!と思っているバリスタさんの1人です。

以前、私が出場したラテアートジャンキースカップの審査員も務めてくださいました。

 

さてっ!私はと言いますと、今まで出場したラテアート大会の中で、今回のUCCコーヒーマスターズが一番緊張してしまい、思うように身体が動かず全く良い結果を出すことが出来ませんでした。

今回は、エスプレッソの抽出やミルクのスチーミングはなかなか上手くいったと思うので、もう少し平常心で挑むことが出来れば、ちょっと違った結果になっていたかもしれません。

結果が全てなので「タラレバ」で何を言っても全く意味がないので仕様がないのですが。

人が緊張する時は、準備不足で自信があまり無い場合か、想い入れが強すぎてしまう場合の2つの場合が考えられると個人的には思っています。

今回のコーヒーマスターズの場合は、間違いなく準備不足で、確かに自分のアートの完成度に自信が持てていなかったと思います。

 

私がラテアート大会に興味を持ち、様々な大会にエントリーするようになって2年近く。

今までは、エントリーしても書類で落選してしまったり、運良く出場することが出来たり。

当時よりも技術は少しずつは上がっては来てると思いますが、正直結果としてはまだまだ不安定で本当の力がついているとは言えない状態です。

まずは、コーヒーフェストなどの世界レベルの大会は仕様がないとして、店舗が主催しているレベルの大会には確実にエントリーが通るレベルまでスキルを上げるのが目標です。

そして、いつかコーヒーフェストのような世界レベルの舞台に立って、最高のパフォーマンスが出来ればと思っています!!

UCCコーヒーマスターズに興味がある方は、ホームページをチェックしてみてください!

 

「食べるんだ様」に掲載中の私のインタビュー記事はコチラから

私の初心者向けオススメコーヒー器具はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください