珈琲屋 うず/下北沢/Coffee Tramが恵比寿から移転し再オープン

2018年の8月に、恵比寿の深煎りコーヒー専門店Coffee Tramが惜しまれながら閉店しました。

Coffee Tramと言えば、コーヒーファンから絶大な人気のあったコーヒー屋さんでした。

※Coffee Tramのレポートはコチラから!チェックしてみてください。

しかし、翌月の9/19。

下北沢の端っこに、珈琲屋 うずという名前に新たに変えて、Coffee Tramが移転再オープンしました!

珈琲屋 うずは、オーナーの古屋さん待望の御自身のお店です。

今回、早速ですが、下北沢まで出向いて珈琲屋 うずさんに行って参りましたので、簡単ではありますがお店のレポートをさせていただきたいと思います。

お店のレポート

珈琲屋 うずですが、下北沢の外れ。

住宅街の一角にお店を構えていました。

何も考えないで歩いていると、ついつい通り過ぎてしまうので要注意。

外観は、昔ながらの喫茶店という印象です。

 

店内に入ると薄暗くて、いかにも美味しいコーヒーを味わえそうな雰囲気を醸し出しています。

ちなみに訪れたのは昼間だったのですが、写真くらいの明るさしか店内にはありません。

カウンター席から棚を眺めてみると、缶に入った何種類ものコーヒー豆が並んでいました。

 

メインはカウンター席ですが、テーブル席も4席のみですが設置されています。

ですが、コーヒー好きとしては絶対にカウンター席に座って、古屋さんがコーヒーを淹れている姿を見ていたいのではないでしょうか!

 

こちらは実際に古屋さんがコーヒーを淹れてくださっている様子です。

ネルドリップで、点滴抽出でゆっくり丁寧にコーヒーを淹れてくださいます。

コーヒーを淹れている間はその場から動くことが出来ないため、他のお客様の対応をすることが出来ません。

もしお店を訪れてみたいと考えていらっしゃる方は、その辺りをご留意いただければと思います。

コーヒー好きとしては、ネルドリップでコーヒーを淹れてくださる姿をずっと見ていても飽きません。

恐らく、1日中見ていても飽きないと思います。

それくらい、洗練された動きをしてらっしゃいます。

 

珈琲屋 うずでは、その日の自分の好み味わいに合わせて古屋さんがコーヒーを調整して淹れてくださいます。

例えば、「苦いのがあまり得意ではない」とか「コクが強いのが好き」とか。

結構フワッとしたイメージでも大丈夫なので味のイメージを伝えると、先ほど写真にも載っていた缶に入っている何種類ものコーヒー豆をブレンドしたり、淹れ方を調節することによって、まさに自分がお伝えしたイメージの味に仕上げてくれるのです。

これぞ、まさにコーヒーのスペシャリストと言えるのではないでしょうか。

もし、好みの味が無い場合は、お任せでお願いしますと伝えればOKです。

ただ、珈琲屋 うずは深煎り専門のお店のため、酸っぱい酸味の際立ったコーヒーなどに味を調整することは出来ませんので、その辺りはご理解いただければと思います。

最後に

今回、下北沢の珈琲屋 うずについてご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

珈琲屋 うずですが、ネルドリップで丁寧にコーヒーを淹れてくださるため、時間に余裕のある方が来店することをオススメします。

また、動画撮影はNGで写真の撮りすぎにも気をつけてください。

要は、コーヒーを楽しむ気持ちがあれば良いということです!

コーヒーが本当に好きな方は、絶対に珈琲屋 うずに一度足を運んでみることをオススメしたいと思います。

SHOP DATA

住所:東京都世田谷区大原1-3-2

TEL:03-5489-5514

営業時間:13:00-22:00
※水曜日定休日

HP: ホームページ

 

「食べるんだ様」に掲載中の私のインタビュー記事はコチラから

私の初心者向けオススメコーヒー器具はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください