自由が丘のコーヒーショップ/ALPHA BETA COFFEE CLUB/元Googleマーケターが作ったカフェ

自由が丘にALPHA BETA COFFEE CLUBという全く新しいコンセプトのコーヒーショップがオープンした。

ALPHA BETA COFFEE CLUBは、元Googleマーケターが作ったコーヒーショップとして様々なメディアが取り上げている、今話題のお店です。

そんな、自由が丘にオープンしたALPHA BETA COFFEE CLUBについて今回ご紹介したいと思います。

日本初のサブスクリプション型プレミアムサービスを提供

ALPHA BETA COFFEE CLUBでは、カリフォルニアのカフェで主流となっている「サブスクリプション型(会員制)」ビジネスモデルを採用しています。

クラブメンバー限定のプレミアムサービスを受けられる「Membership」には、飲食業態ではめずらしい“RFIDチップ”が用いられており、日本初となる良質なコーヒー全てを飲み放題で味わえるサービス。

コミュニティイベントに無料で参加できる特典、コーヒー1杯注文ごとにその後1カ月使えるコーヒー1杯無料特典など、訪れる人々に喜んでもらうアイデアが盛りだくさんです。

「Membership」の料金は、7,500円(税込)です。

コーヒーは全国30か所以上のロースターとパートナーシップを締結

ALPHA BETA COFFEE CLUBのメインであるコーヒーですが、全国30か所以上のロースターとパートナーシップを締結しており、定期的に提供するコーヒーの種類を変えていくとのこと。

元々、ALPHA BETA COFFEE CLUBシングルオリジンに特化したスペシャルティコーヒーを毎月3種類セレクトし会員に届ける、定期購入型セレクトコーヒーデリバリーサービスを事業として開始していたため、上記のように定期的にコーヒーの種類を変えることが出来るのでしょう!?

窒素ガスを浸透させ、まるでビールのようにクリーミーな泡と共にビールサーバーから注がれる「Nitro Cold Brew」も、ALPHA BETA COFFEE CLUBでは味わうことが出来ます。

コーヒー好きとしては、とても嬉しいサービスですね!!

 

今回は、ハンドドリップでケニアのコーヒーをいただきました。

浅煎りのコーヒーですが、非常にジューシーな酸味が特徴でとても美味しかったです。

上の写真のガラスの器がとてもオシャレですね!

最後に

ここまで、ALPHA BETA COFFEE CLUBについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

上記のサービス以外にも、サンディエゴに拠点を構えるクラフトビールの火付け役「Stone Brewing」

フードデザインには、サンフランシスコの「SPQR」や「Stata Bird Provisions」といったラグジュアリーなレストランで腕をふるったケイティー・コール氏を迎えたりと、こだわりの要素が満載のこちらのお店。

自由が丘というトレンド発信の街で、どのように人々に受け入れられるか非常に楽しみです!

 

最後に、撮った写真があるので少しご紹介したいと思います。

ビルの入口に看板があるので迷わずお店を見つけることが出来ます。

 

お店はビルの3階にあるのですが、店内には開放的なテラス席が!

 

上記で説明したクラフトビールや変わったソフトドリンクが揃えてあって、カフェ好きとしてはとても楽しめるラインナップになっています。

SHOP DATA

住所:東京都目黒区自由が丘2-10-4 ミルシェ自由が丘3F

TEL:03‐5726-8433
営業時間:
平日7:00~23:00
土・日曜・祝日10:00~23:00
※定休日は不定休
URL:http://www.alphabetacoffeeclub.com/

和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − five =

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!