バリスタになりたい方へ!私の経験を踏まえて語ってみました。

最近、何人かの方から「バリスタになりたいのですが、どうすればバリスタになれるのですか?」という質問を受けました。

おかげさまで、スペシャルティコーヒーが日本でも少しずつ普及してきており、それに伴いコーヒースタンドが増えてきて、バリスタという職業に興味を持ってくださる方が増えてきていると思います。

恐らく、今後バリスタという職業はもっと人気職になると思いますし、バリスタになりたいという方ももっと増えてくると思っています。

ですので、バリスタになりたい方の参考になるかは分からないのですが、今回バリスタになるにはどうすれば良いのか。

自分の経験談を元にお話しさせていただこうかと思います。

私の場合

私がバリスタという職業に就いたのは30代中盤からになります。

巷のお店で働いてらっしゃるバリスタの方は20代の方が多いと思いますので、間違いなく遅咲きのバリスタになると思います。

私の場合は幸いにもコーヒーチェーン店で10年程勤務していた経験があったため、一般的なコーヒーの知識は普通の方よりは持っていました。

そのため、全くの未経験の方よりかはスムーズに入ることが出来たかもしれません。

ですが、エスプレッソマシンはほぼ全自動のマシンの経験しかありませんでしたので、マシンの技術の取得をすることが必要不可欠でした。

マシン未経験の状態で現場を見つけて経験を積ませていただくという方法もあったのですが、自分の場合は年齢が30代中盤だったという点を考えると、未経験でいきなり採用していただくことは難しいのかなと考えていました。

ですので、カフェの専門学校に通って技術や知識を学び、それを踏まえた上で現場で経験を積むという道を選びました。

最終的には、1年間学校に通いながら、途中でご縁があって採用いただいたお店で現場にも入らせていただくことが出来ました。

学校で学んだことを現場でアウトプットするという形を取ることで、より自分のスキルアップに繋がったと思います!

そして、学校を卒業した後、試験を受けてJBA(日本バリスタ協会)が発行しているライセンスのレベル1を取得することが出来ました。

このライセンスを取得したことで、30代でバリスタ未経験という不安から、これでやっていけるという自信に繋がり、それが間違いなく今の仕事に活きていると思います!!

バリスタになるには?

私の場合は、上記のような道を経てバリスタになることが出来ました。

では、一般的にはどうすればバリスタになることが出来るのでしょうか?

結論を言いますと、決まった方法は特にありません!

日本ではバリスタになるための免許はありませんので、悪く言ってしまうとバリスタと名乗ってしまえば誰でもバリスタになってしまいます。

私が取得したJBAライセンスレベル1は、あくまでこれだけの技術がありますよ!という証明のためにあるもので、これが無ければダメという訳ではありません。

 

これですと話が終わってしまいますので、ここからちょっとだけ大切なお話しをしたいと思います。

皆さんはバリスタになりたい!と思っていて、今回の記事を読んでくださっていると思います。

では、皆さんはどういうバリスタになりたいのでしょうか?

一言でバリスタと言っても、私は色々あると思っています。

 

コーヒースタンドで働きたいのか

それとも、レストランのような所で働きたいのか

またまた、バールで働きたいたいのか

コーヒーはスペシャルティコーヒーを勉強したいのか

それとも、イタリア系のエスプレッソを勉強したいのか

 

働くお店のスタイルやコーヒーの種類などで、どのような勉強をしなければいけないかが変わってくると思うのです。

自分が将来どのようなバリスタになりたいのかというビジョンをしっかりと持っていることがとても大切で、そのバリスタ像に近づける環境で経験を積むべきだと私は思います。

ちなみに、私はコーヒー以外にもお酒やそれ以外のドリンクもしっかり扱えるバリスタになりたいという考えがあって、現在バーテンダースクールにも通っています。

近々、お酒もしっかり揃えたカフェに移る計画があり、そこでより高いレベルで経験を積んで行く予定です。

最後に

ここまでバリスタになるには?というテーマで、拙い文章ですが書かせていただきました。

まずは、自分が将来どういうバリスタになりたいか!

このビジョンをしっかり持っていらっしゃる方は、自分が必要な技術や知識を得られるようなお店で経験を積むことに全力を注いでください!

もし、まだ漠然とバリスタをやってみたいと思われている方は、まずは自分の好きなコーヒースタンドやカフェを見つけて、そのお店に求人が出ているか確認するのが良いでしょう。

特に個人店や小規模店舗は求人サイトを利用せず、お店のホームページやSNSアカウントのみで求人募集をしている場合が多いですのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、未経験でいきなり働く自信が無い場合は、私のように学校に行くという選択肢もあります。

ですが、学費が決して安くはありませんので、その辺りも考慮する必要があります。

とにかくまだ20代でしたら、現場で色々な経験を積むことが大切だと思います。

バリスタになりたいという気持ちがあるのであれば、何も恐れないでとにかく何でもチャレンジしてみて欲しいです!

私自身もまだまだ未熟ですが、1人でも多くの人達がバリスタになりたいと思ってくれるような世の中になれば嬉しいですし、そのような方達を何らかの形でサポートしていければと思っています!!

 

最後に、ちょっと違った視点からバリスタになるにはどうすれば良いか?についてコチラの記事で書かせていただいております。

もし宜しければ、参考にしていただければ幸いです。

 

「食べるんだ様」に掲載中の私のインタビュー記事はコチラから

私の初心者向けオススメコーヒー器具はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!