ダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)/蔵前/Bean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートの専門店

今回は、蔵前に2016年2月にオープンしたダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)のご紹介です。

ダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)は、Bean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートの専門店として、アメリカのサンフランシスコから日本に入ってきたカフェで、蔵前に日本一号店をオープンさせました。

Bean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートは、今日本でもかなり有名になってきており、チョコレートの世界では浸透してきている考え方です。

今回は、Bean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートがどういうものなのかについては割愛させていただきますので、もしご興味ある方は、一番下にあるダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)のホームページをご覧になってみてください。

では、早速ここから蔵前のダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)についてご紹介していきたいと思います。

お店のレポート

蔵前のダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)は、正式名所がダンデライオン チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前と言いまして、チョコレート工場が併設されたカフェになっています。

お店の場所は、蔵前駅から歩いて5分くらいのところにあり、目の前に公園があるのですぐにわかるかと思います。

 

お店の外観はウッド調になっており、とてもオシャレな雰囲気です。

今回は週末に訪れたのですが、蔵前エリアは非常にカフェも多く人気のエリアのため、どのお店に行っても凄い賑わっておりました。

ダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)も例外ではなく、外まで行列が出来ている状態でした。

ですが、客席がたくさんあるため、比較的早く案内していただくことが出来ました。

 

店内に入ると、すぐ左手にギフトのディスプレイコーナーがありました。

オシャレなチョコレートをギフトでいただいたら、やはり嬉しくなってしまいますよね!

 

レジ前ディスプレイですが、オシャレなチョコレートを使ったお菓子が並んでおり、どれも美味しそうに見えてしまいました。

今回は我慢したので、次回訪れた時にはぜひ注文してみたいと思います。

 

レジ奥にはエスプレッソマシンが置いてあります。

シネッソと言うメーカーのマシンで、このマシンを使ってチョコレートを温めたり、エスプレッソを使ったドリンクを作っています。

割合的には、大半がチョコレートドリンクで、コーヒーはあまり出ていない印象です。

 

お店の奥にチョコレート工場があって、スタッフの方がそちらで作業をされていました。

また、エスプレッソマシンの奥のにはカウンター席もあって、カウンターからだとチョコレートを作っている様子も覗けちゃったりするのである意味特等席です笑

 

エスプレッソマシンの対面の棚には、たくさんの種類のチョコレートが陳列されています。

産地の説明や産地ごとの味の違いなど、詳しく表記されているので選ぶ際に分かりやすいかと思います。

もし分からない場合は、店員さんに聞けば丁寧に説明してくださいますのでご安心ください。

 

2階がメインの客席になっています。

かなり広々した空間に、ソファー席やカウンター席など、たくさんの席が用意されていました。

ですので、今回のようにある程度混んでいる時間帯でも、少し待てば案内してくださる感じかなと思います。

 

さて、いよいよメニューですが、チョコレート系のドリンクがたくさんです!

私はバリスタという仕事をしているため、ホットチョコレートだけでもこれだけメニューがあるのは、かなり興味津々です。

このメニューは、普段働いているお店だったら、どう応用出来るかは常に考えています。

 

色々気になるのはあったのですが、今回は、その中でもみかんホットチョコレートを注文しました。

みかんの爽やかな感じとチョコレートの甘さが、とても絶妙で美味しかったです。

上にかかっているオレンジピールの香り付けも良い感じでした。

写真のソーサーの上に乗っているマシュマロは、好きなだけ自由に取って食べることが出来ますので、マシュマロ好きな方はぜひ!

最後に

ここまで、蔵前のダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)についてご紹介させていただきました。

いかがでしたか?

ダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)は、日本にこれだけBean to Bar(ビーン トゥ バー)チョコレートという概念が広まっていく初期の頃からあるお店で、ダンデライオン チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)が日本に入ってきたおかげで、今の流れがあると言っても過言では無いと個人的には思います。

今、蔵前以外にも、鎌倉や三重県の伊勢にもお店が出来て、日本でこれからますます広がって行きそうです。

今度の展開に、ぜひ期待したいと思います!

SHOP DATA

住所:東京都台東区蔵前4-14-6

TEL:03-5833-7270

営業時間:10:00~20:00(L.O.19:30)
※不定休

URL:https://dandelionchocolate.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください