辞めてしまうのは悲しい。

また1人。

知り合いのバリスタが今月一杯で退職してしまった。

彼はそろそろ30歳。異業種に転職するとのこと。

私がバリスタになってから、何人もの同業者が退職し、異業界に転職をしているのを見てきた。

コーヒー業界はお世辞抜きにも給料が良いとはいえない。

むしろ、他の一般的な会社員と比べて賃金は低い方だと思う。

だから、アラサーになると

「このままコーヒー業界にいて大丈夫か?」
「これから生活していけるのか?」

どうしても現実が見えてしまうのだ。

若いころは、2つ3つと掛け持ちでバイトして、生計をたてることも出来る。

でも、30を過ぎるとなかなかそういう訳にもいかなくなってくる。

悲しいことに体力だって少しずつ落ちてくるし。

結婚とか将来のことを考えると、もっと稼げる仕事についた方が安心。

そう思うのは仕様がないと思うんです。

いくらコーヒーをやりたくても、そもそも生活が出来なかったり、将来に不安を抱えてしまうなら元も子もないので。

悔しいけれど、この業界が急に賃金がよくなるとは思えないし、コーヒーや物価も高騰しているので、より厳しくなっていくのは
間違いないと思う。

そんな大変な状況下かもしれないけれど、せっかくコーヒーやバリスタをやりたいと思って業界に入ってきた人たちに、少しでも長くいてもらいたいし、やりたいことを実現してもらえる世の中になるように。

自分はSNSやブログを通して発信活動を続け、1人でも多くの方にコーヒーの楽しさ伝える。
その結果、実際にお店に足を運んでくださる方が増え、売上があがり、結果としてバリスタの給料が増える。

そんな簡単なことではないし、凄い微々たる力かもしれないけれど、ちょっとでも何かできることがあるなら。

自分のできることは色々やっていきたいと思っています。

バリスタをやりたいのに辞めないといけない。

そういう環境にだけはしたくないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください