PASSAGE COFFEE(パッセージコーヒー)/三田/佐々木バリスタ(エアロプレス世界チャンピオン)がオーナーのコーヒーショップ

2017年3月19日。

私達コーヒー業界の人間にとっては待ち焦がれていた自家焙煎のコーヒーショップPASSAGE COFFEE(パッセージコーヒー)がオープンしました!

何故待ち焦がれていたかという理由は、後述してあります。

場所は、東京の三田で、近くには慶応大学三田キャンパスがあります。

PASSAGE COFFEEのある三田は、基本的にはオフィス街でサラリーマンを中心とし、あとは慶応大学生の街という印象です。

そのような、三田にある自家焙煎のコーヒーショップ”PASSAGE COFFEE”について、今回ご紹介したいと思います。

店主が、エアロプレス大会のチャンピオン”佐々木バリスタ”

PASSAGE COFFEEの最大の特徴としては、エアロプレスというコーヒーの抽出方法を競う大会で世界チャンピオンになった佐々木バリスタがオーナーのお店というところです。

佐々木バリスタは、ポールバゼットというお店でバリスタ修行をした後に、PASSAGE COFFEEをオープンさせました。
最近、ポールバゼット出身のバリスタが次々に独立してお店を出しています。

ちなみに、エアロプレスというのは、写真の注射器のような形をした抽出器具、空気圧の力を使ってコーヒーの成分を絞り出す器具のことです。

佐々木バリスタを目当てに、PASSAGE COFFEEを訪れるお客さんはたくさんいると思います!!

 

家庭でも手軽にコーヒーを淹れることが出来るエアロプレスはオススメです!

コーヒーは自家焙煎

お店で提供しているコーヒーは自家焙煎で、新宿にある4/4 SEASONS COFFEEの焙煎機をお借りして焙煎をしているそうです。

ちなみにですが、4/4 SEASONS COFFEEのオーナーバリスタさんもポールバゼット出身ですので、ポールバゼットの凄さが伺えますね!

 

コーヒーは、エアロプレスの他に、ハンドドリップとエスプレッソで淹れてくださいます。

それ以外にも、フードはサンドイッチやフレンチトーストなどのパンが数種類並んでいまして、パンは芝浦にある“ビストロ ア ラ ドゥマンド”というお店にオーダーしているそうです。

プロシュートのサンドイッチをいただきましたが、非常に美味しくてコーヒーにも良く合いました!!

また、朝10時まで”朝コーヒー”ということで、本日のコーヒーを1杯200円で提供しています。
近隣のサラリーマンの方には嬉しいサービスと言えるでしょう。

最後に

個人的にも、こういうお店が増えるのはとても嬉しいことで、また三田近辺にスペシャルティコーヒーを味わえるお店が少なかったので、この界隈の方にとっては、貴重なお店と言えると思います。

また、佐々木バリスタ以外のスタッフもとても素敵なバリスタさんばかりで、これから愛されていくお店になるんだろうなと感じました。

passageを日本語に訳すと“通路、道”という意味を表します。

コーヒーと通して、三田という街に新しい人とのつながりや文化を作って行って欲しいなと思います。

店舗データ

住所:東京都港区芝5-14-16 大正堂ビル1F

TEL:03-6809-3353

営業時間
平日:7:30~19:00
土日祝:9:00~19:00
定休日:不定休

URL:http://passagecoffee.com

カフェ巡リスト/和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください