2017年 My Best Cafe Top3

いよいよ、今日で2017年も終わりです!

皆さんにとって、2017年はどんな年でしたか?

私は、今年もたくさんのカフェに行かせていただきました。

その中でも、今回私が特に好きなお店を3つご紹介させていただきたいと思います。
※あくまでも主観なので、もっと素敵なお店はたくさんあると思います。

では、早速参りたいと思います!

第3位

では、第3位の発表です。

3位は、中板橋1 room coffeeです!

私が1 room coffeeの好きなところは、何と言っても店主である内山さんのお人柄です。

常連さん、一見さん。

どのような方がお店に来ても、バランス良く接してくださる様子が個人的には凄い印象に残っています。

常連さんとは良くお話しするけれど、一見さんへの態度が素っ気ないお店って、実は多いと個人的に感じています。

1 room coffeeは、接し方のバランスですとか、話しかけてくださるタイミングがとても良くて、絶妙な距離感を保ってくださるところが、とても好印象に思いました。

メニューも、コーヒーからソフトドリンク。

トースト、デザートととても豊富で、全部1人でなさっているのは、同じ業界で働くものとして本当に尊敬でしかありません。

2018年も、ぜひ通いたいお店の1つです。

 

店舗情報

住所:東京都板橋区中板橋29-10

TEL:070-5363-3022

営業時間:
平日/10:30~21:00
土日祝/10:30〜19:00(L.O.18:30)
定休日:不定休

URL:https://www.facebook.com/1rcoffee/

 

1 room coffeeに行った時の過去記事はこちら。

1 room coffee(ワンルームコーヒー)/中板橋/あんバタートーストが大人気のカフェ?!

第2位

第2位は、所沢にあるbib coffeeです。

bib coffeeは、私が今年一番よく通ったお店だと思います。

私のbib coffeeの好きなところは、お店の雰囲気と店主の中村さんのコーヒーへの考え方です。

住宅街の路地裏にお店があり、とても静かで落ち着いた雰囲気が、ゆっくりコーヒーを味わえる空間につながっています。

中村さんのお人柄もあって、近隣のママさんやお子さんの憩いの場にもなっているのが印象的です。

そして、今の浅煎りコーヒーの流れに全く乗らない、どちらかというと深煎りのコーヒーで勝負しているところが、とても好感が持てるポイントです。

深煎りコーヒーなのですが、ドーナツドリッパーで一杯ずつ丁寧に淹れてくださったコーヒーには苦味の中にとても甘みがあって、洗練された味わいになっています。

また、コーヒーなどの商品へのネーミングセンスも非常に素敵で、そういう所からも店主さんの世界観が垣間見ることが出来ます。

恐らく、2018年も一番通わせていただくお店になりそうです。

 

店舗情報

住所:埼玉県所沢市東町13-29 H-CUBE東町1G

TEL:04-2968-7956

営業時間:10:00〜18:00
定休日:木曜日

URL:http://www.facebook.com/bibcoffee/

 

bib coffeeに行った時の過去記事はこちら。

bib coffee(ビブコーヒー)/所沢/自家焙煎、コーヒーショップ、カフェ

第1位

そして第1位ですが、代官山私立珈琲小学校です!

私が私立珈琲小学校を1位にあげる理由は、何と言っても店主の吉田先生のお人柄

これに尽きます。

3位の1 room coffeeの内山さんと通ずるところがあるのですが、とにかくお客様との距離感が絶妙ですし、常連さん、一見さん問わず接し方が同じでコミュニケーションを取ってくださる。

そのスタンスが、とても好感が持てて、利用する側としては、安心してお店に入ることが出来るのではないでしょうか。

また、私立珈琲小学校に登校すると、吉田先生が本当に色々な方を紹介してくださって、おかげで私立珈琲小学校を通してたくさんのつながりが出来ました。

美味しいコーヒーをいただけるだけではなく、人脈というかけがえのないものまでいただくことが出来、本当に感謝でしかありません。

私が、おすすめのお店を聞かれた時にまずおすすめするのが、こちらの私立珈琲小学校です。

2018年も色々お世話になると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

店舗情報

住所:東京都渋谷区鶯谷町12-6 LOKOビル 1F

TEL:不明

営業時間:
〔月~木〕
11:00~19:00
〔金~日〕
11:00~20:00

URL:https://www.facebook.com/coffeeelementaryschool/

 

私立珈琲小学校に行った時の過去記事はこちら。

私立珈琲小学校/代官山/コーヒーショップ、カフェ

最後に

ここまで、2017年 My Best Cafe Top3についてご紹介させていただきました。

いかがでしたか?

私が、今回あげさせていただいた3つのお店には共通のポイントがあります。

それは、店主さんのお人柄です。

コーヒーの味もお店の雰囲気も人がつくるものであり、人柄というものが絶対にお店のテイストに反映されてくると思います。

人柄が良い店主さんのお店は、味も雰囲気も何処なく柔らかくなったり、逆の場合は、尖った雰囲気になるかもしれません。

私は、色々なお店に今まで行かせていただきましたが、リピートさせていただいているお店は、魅力的な人が働いてらっしゃるお店ばかりです。

よほど美味しい、印象に残る味のお店では無い限り、リピートする条件に味という要素は入りません。

何故かと言いますと、今の時代、どのお店に行ってもある程度の高いレベルの味が出てくるためです。

カフェや飲食に限らずどんな業界でも、最後は絶対に人(どんな人達がそこにいるか、働いているか)が一番重要になってくる。

個人的にはそう信じています。

テクノロジーが進化して来ている時代だからこそ、これからはヒューマンパワーが見直される時代にもなってくると思っています。

2018年もたくさんのお店を巡って、カフェに携わっている素敵な方に1人でも多く出逢えれば幸いです。

和装バリスタ 柳 隆晴の自己紹介

コーヒー初心者向け。おすすめの道具を現役バリスタが紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − seventeen =

ABOUTこの記事をかいた人

都内のカフェでバリスタをしながら、個人でラテアートワークショップやコーヒー関連のセミナーを開催しています。 このブログを通して、1人でも多くの方に、カフェやコーヒーの楽しさを知っていただければ幸いです!